中学部キャンプ。 byけんた

中学部キャンプ。 byけんた

こんばんは。どこかから日記を書けといわれた気がしたので書こうと思います。しかしモチベーションが上がりません。なぜかといいますと、夕方に一度書いていたのですが、一部修正しようとBack spaceボタンを押した瞬間前のページに戻って全部消えてしまったんですね。普段は書いている途中に戻るボタンを押しても「このページを離れますか?」と警告してくるのですがそれもなく。というわけで、ちょっと気分が乗らないです。
仕方なく書き直しです。いつものごとく、つくしに関係ないお話から入るので、興味のない方は「↓↓↓↓この辺からつくし要素↓↓↓↓」まで飛ばしてお読みください。まぁ、できる限りテンションを上げて書いていこうと思います。

イェーィ!みんなノってるかい?まずは土曜日の午前中に時間を戻して書いていこうじゃないか!なんたってこの日は母校の学祭だぜ!行かないわけにはいかねぇな!

やめましょう。

とまぁ、母校である大谷大学の学祭でした。電車で行くと往復1000円近くかかってしまうので、自転車で行くことに。嵐山から回っていきましたが、すごい観光客の数でした。さすが土曜日観光地。あまりの人の多さに、その道を選んだことを少し後悔しました。

大学はすでにわいわいと盛り上がっていて、学祭で楽しみなものBST3に入る色々なコスプレした人もたくさんいました。ちなみに、大人気の黄色くてやかましい奴もいました。本家と比べると、少しトーンの低い声、少しキレのない動き、そして手作り感満載の見た目、あれはあれで愛着がわきました。ちなみに、ファンサービスの精神はしっかりしていました。

メインイベントである後輩たちの写真展を見に行きましたが、やはりみんなチャレンジした写真を撮っているのでいい刺激になります。その点、自分はずいぶん保守的な写真ばかり撮っていた気がするなぁと思ったりしました。写真部がやっていたおでんも食べたところで、写真部の友人に「早く来いよ!?(特に予定あわせはしていない)」と送ると「昨日から熱が出てて・・・」と返ってきたので、帰り道ついで(反対方向)にぜりーかたてにおみまいにいったところ、なぜかチョコレート石鹸なるものをもらって帰りました。

↓↓↓↓この辺からつくし要素↓↓↓↓

中学部のキャンプは17時半に新館集合ということでしたので、お見舞いを済ませて15時頃には出発しました。日がだいぶ落ちてきた頃に桂川にさしかかったのですが、そこで太陽に向かって細い路地に長い影を落とし手をつなぎながら歩く女子高生2人という、とても写真に撮りたくなる画と出会ったのですが、ちょっと急いでいる&カメラがカバンの中という微妙な状況に頭を悩ませていたら通過してしまいました。桂川を渡る頃には凄まじい後悔の念に襲われている私でした。撮らせてもらえばよかった。
結局16時過ぎには長岡に着きました。(なおさら撮らせてもらえばよかった)途中に新館から帰る途中であろう小学部スタッフと出会い「中学部のキャンプは中止かも」という情報を仕入れ、家に帰ってからはキャンプの服装で行こうか、普通による遊ぶ服装で行こうか、と頭を悩ませて、結局よる遊ぶ服装でカバンにキャンプの装備を忍ばせていきました。つなぎとダウンジャケットをカバンの外にたたんでくくりつけていたので全く忍んでないですが。

新館には会議をしていたわくわくキッズスタッフたちと中学生が一人いて、集合時間を過ぎるとぞろぞろ中学生たちが集まってきました。そして中学生がそろったあたりに二階で話し合った結果、翌朝早くから雨ということでキャンプは中止に。服装は中途半端でしたがキャンプするスイッチが入っていた私は落胆しました。

というわけで、予定を変更して、新館でご飯を作って食べて、終わったら外に行って遊ぶ、ということになったようです。なにやら今回のキャンプは中学生主体でやろうということだったらしく、食事はもちろん準備も自分たちでやって、スタッフは「足りないものがある?知らん!」「ご飯一口分けて?やらん!」というスタンスでいく予定だったらしいです。もちろんキャンプは中止になりましたがそのスタンスは崩さず、中学生だけで食事の段取りを始めました。「焼きおにぎりの予定だったけど、たき火ないし、あんまりお腹も空いてないし、家に持って帰って家で焼きおにぎりをして食べよう」とよく分からない話も聞こえてきましたが、気にせず一階ではわくわくキッズの会議が続いていました。
ようやく段取りがついたらしく、買い出し部隊と準備部隊に分かれて買い出し部隊が降りてきました。中1男子sは「買い出し行ってくるわ~」と外へ出て行きました。自転車で行く気なのだろうか・・・しかし、後から降りてきた中3女子が「買い出しに行くので車を」と申し出たので車で行けることに。彼女がいなかったらほんとうに自転車で行っていたのだろうか、それとも車の前でこのままでは動かないと気がついたのだろうか。

メニューはお鍋、簡単でおいしくていいですね。

某中1男子が白菜をキャベツといったのは置いておいて、女の子に作業が遅いとあきれられながらもなんとか準備は整いお鍋のできあがり。あ、あとキャンプの中止はあくまで集まってから決まったので、本来は寒い山でキャンプをする装備で来てるはずなのですが裸足半ズボンの彼にはつっこまないでやってください(ちなみに、ナイトウォークにクロックスで来た彼です)
 

ちなみにスタッフの晩ご飯はたこ焼き。

なんだかんだで遅くなってしまい、外に遊びに行く時間はなくなってしまったので、後片付けが終わってから中学生はイモ掘りをしていました。イモ掘りといってもトラップゲームで、UNOのような要領で同じ絵柄か同じ数字のものを出していくのですが、UNOと違って出せる札がない場合出せるまで山札から引かなければなりません。ですのでなかなか終わらないんですね。私もよくやりましたが、3人でやっていて私が1番に抜け、そこから残りの2人だけで1時間以上やっていたことがあります。今回も終わりが見えなくなっていたので、何人かが上がった(?)あたりで制限を設けて最後は手札の枚数で順位をつけていました。

そんなこんなで中学生は10時頃に解散しました。ちなみに大人のたこ焼きはまだ続いていました。

たこ焼きは時間がかかりますねぇ。

中学生にはまたキャンプを企画してほしいなぁ。これからどんどん寒くなりますが・・・

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。