FILE.2 RENSHU-TOZAN in MAYA SAN(摩耶山)

七月二日、第二回練習登山は摩耶山へ。

六甲山は雨のため行かなかったので、そのかわり。

阪急「王子公園駅」から登山は始まります。

六甲山もそうですが、初めはアスファルトの坂道を登ります。

これが地味にしんどく、最初から体力がなくなっていきます。

坂道は結構急なため、少し登るだけで景色が良くなります。

神戸や六甲はこういった地形が多いのです。

摩耶山は他の山と違い、登りの登山道がほとんど階段。

一見足元がしっかりしてて登りやすそうに見えます。

しかし、その逆。登っていると太ももが疲労して、足をあげるのが辛くなるのです。

しかも、この日は無風で湿度が高く、汗が蒸発せず最悪な登りでした。

お昼ご飯は日陰の下で。

休みの子が多く、子どもが二人ずつの隊だったので、まるで家族のようでした。

チャーハンを作った隊には色々なハプニングがありましたが美味しくできたようです。

斬新な卵の割り方をしていました。

頂上から少し下ると、紫陽花が綺麗に咲いていました。

車でも来れます。頂上に着いた時に車を見るとかなりのダメージがありますが、、、。

最後の登山道はやはりアスファルト。高級住宅街を通っていきます。

高級車がずらりと並んでいました。

まだ家が建っていない土地があり、そこにつくしの別荘を立てようとか

誰かに家を建ててもらおうと想像を膨らませながら、下りました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。