第二回練習サイクリング「清滝」

9月16日は雨だったので、中止。

24日はベニカンだったけれども、いろいろなことがあって清滝へ(笑)

僕は去年は行っていないので、本当に久々の清滝となりました。

朝の集合場所は、光明寺。朝日を後ろに、光明寺までの微妙な坂を登ります。

最近は朝晩が冷えるようになってきたので、日陰に入ると肌寒い。

出発してから、少しの間は日陰と自転車をこぐことにより発生する風で寒いぐらいでした。

最初の大きな下り坂を終えてちょっとしてから、この日初めての道迷い。

と言っても、すぐに後ろから声をかけられてセーフ!

グーグルの航空写真を見ていても、実際に走ると分からなくなりますねー(笑)

最初の休憩所は、松尾大社。

しっかりとお参りをして出発。

渡月橋を通過して、清滝へ通じる坂道へ。早朝の嵐山は静かでなかなか良いですね。

清滝への上り坂は緩い傾斜が長く続く感じで、まさに持久戦っていう感じです。

自分のペースでそれぞれ上ります。

途中のトンネル付近から、峠越えのような道があり、六年生は峠道へ、五年生はトンネルへ。

これが終わると、清滝に到着。

川沿いに下りて休憩しますが、一名、季節がまだ夏の小学生がいました。

到着すると、少し高めの岩に登り、川へダイブ!

見ているこっちまで寒くなりそうでしたが、本人が一番寒かったでしょう。

飛び込んだら、少しぷかぷか浮いて、急に立つと腕を抱え込み、縮こまっていかにも寒そうな様子で、また岩に登ります。

笑い声が響く中、楽しそうに、でも寒そうに、川を満喫していました。

ちなみに、ちゃんと着替えも用意していました。

泳ぎ納めは、サイクリング本番の海だそうです。

休憩が終わると、帰路へ。

行きしなに上った坂は、下り坂になります。やっぱり下りは気持ちいいですね。

川沿いの道を少し走り、サイクリングロードに入ります。

ちょっと走ってこの日2回目の道迷い。

橋の上で、他チームとすれ違ったりしましたが、無事に正しい道へ。

羽束師橋までにある道迷いポイントでは、迷うことなくゴールにたどり着くことができました。

早朝に出発しているっため、時間感覚が少しくるってまだ昼!?みたいな感じやなと小学生と話していました。

個人的に反省することは多かったですが、大きな事故や怪我はなく無事に第二回練習サイクリングは終わりました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。